レンチン蒸し鶏のピリ辛黒酢ソース(香の黒酢ソースアレンジレシピ145)

今日のレシピは、
「レンチン蒸し鶏のピリ辛黒酢ソース(香の黒酢ソースアレンジレシピ145)」
今回は、レンジで調理するだけのお手軽料理です。
ピリ辛の黒酢にすりゴマをたっぷり入れたソースが後をひくおいしさ。
添えてあるキュウリのシャキシャキ感も食欲をそそります。
うちのお店では、ゴマはよく使います。
中国料理の中でも、四川料理ではゴマをよく使います。
担々麺、棒棒鶏、怪味鶏などなど。
ゴマの濃厚な風味か食材の味をしっかり引き立ててくれます。
意外かもしれませんが、ゴマって食物繊維が豊富なんです。
食物繊維は腸内環境を整え、腸内細菌を良好に保ってくれます。
健康の為には腸内環境を整えることが大事ですからね。
ゴマの食物繊維量ですが、100g中12.6gも含まれています。
ゴマ大さじ2杯で、きんぴらごぼう1人前(35g)と同じくらいの食物繊維になります。
きんぴらごぼうにゴマを大さじ2杯合わせると、1日の摂取量の約5分の1はとれます。
大人だと1日に18~20gの摂取が必要とされているので、副菜でこれだけ摂れると助かりますよね。
ただ、いくら食べても体に吸収されなくては意味がありません。
特にゴマは固い皮に覆われているので、粒のまま食べるとほとんど吸収されないんですね。
よく噛んでって言っても、小さい粒ひとつひとつを噛みつぶすことは無理です。
なので、栄養のことを考えて食べるなら、あらかじめすりゴマや練りゴマを摂るのがおすすめです。
ゴマは抗酸化作用も高い食べ物です。
夏は紫外線などで体に負担が多くなります。
抗酸化作用の高い食べ物で体の負担を軽くして、健康にこの夏を過ごしていきたいですね。
材料
鶏モモ肉1枚
キュウリ1本
調味料
香の黒酢ソース大さじ1
お酢小さじ2
醤油、胡麻油、豆板醤各小さじ1
すりゴマ大さじ2
鶏肉の下味
酒大さじ1
塩小さじ1/2
胡椒少々
作り方
1.鶏肉は下味をつけ、ラップをしてレンジで3分加熱する。
2.ラップをはがして鶏肉を裏返し、更に1分30秒加熱する。火が通ったら、そのまま冷ます。
3.キュウリは千切りにする。
4.鶏肉が冷めたら千切りにし、皿に盛り付けキュウリを添える。
5.仕上げにソースをかけて完成。

魔法の黒酢ソース販売

https://xiang2004.base.shop

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です