「煮干しの黒酢マリネ(香の黒酢ソースアレンジレシピ169)」

イメージ 1

今日のレシピは、
「煮干しの黒酢マリネ(香の黒酢ソースアレンジレシピ169)」
漬け込むことによって、
硬めのビーフジャーキーのような、
食感になります。
黒酢とニンニクが効いた、
おつまみにピッタリの料理ですよ!
材料
煮干し60g
調味料
香の黒酢ソース、お酢、オリーブオイル各大さじ1.5
水大さじ3
ニンニクスライス3枚
唐辛子小口切り少々
作り方
1.調味料を合わせる。

イメージ 2

2.煮干しを半日漬け込み、かき混ぜ、また半日漬け込む。
今回は常温で漬け込みましたが、冷蔵保存でも大丈夫です。
冷蔵保存だとオリーブオイルは少し固まってしまいますが、食べる時にはおいしく食べられますよ!

「カキとエリンギの黒酢黒胡椒炒め(香の黒酢ソースアレンジレシピ168)」

イメージ 1

今日のレシピは、
「カキとエリンギの黒酢黒胡椒炒め(香の黒酢ソースアレンジレシピ168)」
ふっくらとジューシーなカキに黒酢ソースの旨味がおいしい今が旬の料理です!

イメージ 2

材料
カキ1パック(200gくらい)
エリンギ1本
玉ねぎ1/4個
小松菜
調味料
香の黒酢ソース、醤油、みりん各大さじ1
カキの下味
酒小さじ1、片栗粉大さじ1
作り方
1.エリンギ、玉ねぎ、小松菜は一口大に切る。
2.カキに下味をつける。
3.フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、カキを入れる。箸で一つひとつほぐし、片面に焼き色がついたら裏返し焼き、火が通ったら皿に取り出す。
(火が通ってきたら、身が引き締まりプックリと丸くなってきます。)
4.フライパンに野菜と水大さじ2を入れ炒め、カキを入れる。
5.調味料を入れ、カキに絡ませるように炒め完成。

「数の子の黒酢漬け(香の黒酢ソースアレンジレシピ166)」

イメージ 1

今年も残すところあと3日ですね。
今年最後のレシピは、
「数の子の黒酢漬け(香の黒酢ソースアレンジレシピ166)」です。
ベースは黒酢ソースと鰹節です。
食べる時に、ごま油や七味唐辛子をふりかけても、おいしいですよ。
お正月用に是非、お試しくださいね!
材料
数の子100g
鰹節1パック(2.5g)
調味料
香の黒酢ソース、日本酒各大さじ1
作り方
1.数の子を塩抜きする。
2.数の子を鰹節、調味料で和え、2~3時間おき味をなじませる。

さばの水煮と春菊のピリ辛黒酢ソース(香の黒酢ソースアレンジレシピ165)

イメージ 1

今日の黒酢ソースアレンジレシピは、
「さばの水煮と春菊のピリ辛黒酢ソース(香の黒酢ソースアレンジレシピ165)」
栄養価が高く、お手頃な価格で人気のさばの水煮缶を使ったレシピのご紹介です。
血管や血液の健康維持に重要な役割を果たしてくれるEPAやDHAをしっかり摂れるように、汁も全て活用します。
ソースもそのまま飲めるくらいの味付けにしてありますので、栄養豊富なソースも最後までお楽しみください。
材料
さばの水煮缶1缶
春菊1パック
調味料
香の黒酢ソース、醤油、オリーブオイル各小さじ2
豆板醤小さじ1/4
水煮缶の汁全て
作り方
1.さば缶は身と汁に分ける。
2.さば缶の汁と調味料を合わせる。
3.さばの身はレンジで1分温める。
4.鍋にお湯を沸かし、春菊を茹で、しっかり水気を切り3センチ長さに切る。
5.皿に盛り付け、上からソースをかけて完成。
「さば、春菊は冷やしてサラダ風にしてもおいしいです。ここはお好みで!」

カキの黒酢煮込み(香の黒酢ソースアレンジレシピ158)

イメージ 1

カキのおいしい季節になってきましたね!
うちのお店でも、
毎年大好評のカキ料理。
「カキの四川省産唐辛子炒め」を
今週末から提供します。
今日はカキを黒酢ソースで煮込んだ料理。
「カキの黒酢ソース煮込み」のご紹介です。
カキのむき身を黒酢ソースで煮込むだけ。
作り方は簡単ですけど、
ほんとおいしいカキ料理が出来上がりますよ。
うちのお店のおせち料理に入っている、
「カキの黒酢煮込み」。
あの料理はこれと全く同じ作り方です。
材料
カキのむき身10粒くらい
調味料
香の黒酢ソース50cc
水100cc
作り方
1.鍋にカキと水、黒酢ソースを入れ中火にかけ沸かす。
2.沸いたら、ごく弱火にしアルミホイルで落としぶたをして5分煮込む。
3.落としぶたを取り、煮汁が少なくなり、照りが出るまで、そのまま煮込む。

イメージ 2

煮詰まってくると焦げやすいので、注意してください。
今回は甘露煮として、しっかり煮込んでいるので、身はかなり縮みます。
ふっくらした感じで食べたい方は、2の段階で落としぶたと共に取り出して、煮汁だけ煮詰めカキと絡めるとちょうどいいです。

サーモンの黒酢バターソース(香の黒酢ソースアレンジレシピ155)

今日のレシピは、
「サーモンの黒酢バターソース(香の黒酢ソースアレンジレシピ155)」
黒酢ソースと相性のいいバターをたっぷり使ったソースです。
今回は醤油メインの味付けですが、
レモンなどで酸味を加えてもおいしいですよ!
材料
サーモン2切れ
調味料
醤油大さじ2
香の黒酢ソース小さじ2
バター20g
黒胡椒少々
作り方
1.サーモンは塩、胡椒で下味を付けて小麦粉を軽くまぶす。
2.フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、サーモンを両面焼く。
3.キッチンペーパーで余分な油を拭き取り、調味料を入れ沸かし、サーモンにソースを絡ませ完成。

タコの黒酢唐揚げ(香の黒酢ソースアレンジレシピ151)

今日のレシピは、
「タコの黒酢唐揚げ(香の黒酢ソースアレンジレシピ151)」
居酒屋の定番メニュー!
「タコの唐揚げ」
今回は、
お酒もすすむ、
黒酢風味のニンニクガッチリの、
「タコ唐」に仕上げてみました。
材料
ゆでタコ150g
調味料
香の黒酢ソース、醤油各大さじ1
仕上げ用
香の黒酢ソース、醤油各小さじ1
作り方
1.ゆでタコは一口大に切る。 
2.タコに調味料を和える、
3.タコに片栗粉をまぶす。
4.フライパンにタコがかぶるくらいの油を入れ、火にかけ、中火で揚げる。
5.揚がったら、仕上げ用の調味料で和える。

タコとセロリの黒酢ワサビ和え(香の黒酢ソースアレンジレシピ132)

今日のレシピは、
「タコとセロリの黒酢ワサビ和え(香の黒酢ソースアレンジレシピ132)」
旨味たっぷりのタコとさわやかなセロリをニンニク風味の黒酢ソースで仕上げました。
ビールのおつまみにピッタリですよ!
タコは肝機能を高めてくれるタウリンが豊富に含まれます。
近年、タウリンにはコレステロール値を下げる働きがあることが分かり健康食材としても期待されています。
あとはビタミンB2。
別名「美容のビタミン」あるいは「発育のビタミン」とも呼ばれ、肌細胞の生まれ変わりや髪、爪をつくりへと働きかけてくれるので、積極的に取り入れたい成分ですね。
今日合わせたワサビにはビタミンB2の働きを助ける作用があるんです。
わさびに含まれているシニグリンという成分がタコに含まれるビタミンB2の働きを効果的に助けてくれます。
タコの刺身を食べる時のわさび醤油や、和食のタコわさびなど、とても理にかなった料理なんですね。
材料
タコ100g
セロリ1/2本
調味料
香の黒酢ソース、醤油、お酢、ごま油各小さじ1
ワサビ少々
作り方
1.タコとセロリは一口大に切る。
2.セロリの葉はみじん切りにする。
3.調味料と合わせ、皿に盛り付け完成。

マグロの黒酢漬け丼「香の黒酢ソースアレンジレシピ127)」

今日のレシピは、
「マクロの黒酢漬け丼(香の黒酢ソースアレンジレシピ127)」
今回はお客様から教わったレシピのご紹介です。
香の黒酢ソース。
元々は黒酢酢豚を作る為に作った調味料なんですけど、基本的にはこれだけで料理が作れます。
ですが、
このままだと、黒酢酢豚しか作れません。
それは当然ですよね。
だって黒酢酢豚のソースですから(笑)
でも、
黒酢ソースに入っている調味料は、
砂糖、醤油、紹興酒、中国醤油。
割合を変えれば、
「いろんな料理に使える!」
と最初に思ったのは、お客様なんですけど
…。
お客様からも、いろんなアイデアを頂くことも多くなってきたので、
それならお店としてもと、いろいろアレンジレシピを作り始めたんです。
やっぱり、毎日料理を作るって大変ですからね。
いかに効率的に料理するか!って発想になりますよ。
そこで、
今回の使い方は、
「ちょい足し」!
黒酢ソースのちょい足しで、いつもの料理も簡単に趣きを変える使い方です。
お客様の中でも、この使い方が一番多いみたいですね。
紹興酒の旨味や、日本のたまり醤油のような風味も持つ中国醤油のおいしさがちょい足しにピッタリ合うんですね。
いろいろな料理に使ってもらえて、お店として本当に嬉しいです!
材料
マグロぶつ切り
大根おろし
調味料
醤油大さじ1
香の黒酢ソース小さじ1
作り方
1.マグロのぶつ切りに調味料を和え、5分くらい漬け込む。
2.丼にご飯を盛り、マグロと大根おろしを盛り付け完成。
お好みでわさび醤油でお召し上がりください。